電話番号:093-512-0700

〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町 2-1-10

小倉北区の心療内科・精神科-うおずみクリニック

認知行動療法

よくあるご質問
左のQRコードから、携帯サイトがご覧いただけます。

認知行動療法とは

「認知行動療法」は、欧米でもうつ病や不安障害(パニック障害、社会不安障害、心的外傷後ストレス障害)、不眠症、摂食障害、強迫性障害、統合失調症などの多くのこころの病気に有効であることが証明されています。
「認知行動療法」における「認知」とは、その人の物事のとらえ方や考え方のことです。強いストレスをうけているときやうつ病など、こころの病気になった時には、認知のゆがみがみられるようになります。

「認知行動療法」における「行動」とは、一般の(行動)と言われる意味と全く違います。その人の精神活動を「刺激」に対する「反応」の連鎖であると考え、その「刺激」に対する「反応」の単位を「行動」と言います。「行動」の中には、「認知」「知覚」「感情」なども含まれます。また、「刺激」「反応」「行動」は、精神科領域ではほとんどない、第3者がみても理解しやすい、より客観的な指標です。

「認知」を重視して「学習」「理解」を使う治療法は、「認知療法」と呼ばれていました。「行動」を重視して、「学習理論」を使う治療法は、「行動療法」と呼ばれていましたが、近年は広義の認知療法と行動療法の治療技法の共通するところが多いため、「認知行動療法」と呼ばれることが一般的になりました。しかし、「認知行動療法」を掲げている医療機関は、ほとんどが「認知療法」が主体であり、「行動療法」を主体とする医療機関はほとんどないのが現状です。

うおずみクリニックの院長の行う認知行動療法は、「行動療法」がベースであるため、治療を受けられる患者さんに関する情報は、より適切な治療をするためには、時間と労力をかけて、主治医である院長がすべて把握する必要があると考えています。患者さんの抱えている問題(患者さんが治療と関係ないと思われることも、病状に影響している可能性があるため)は、すべて院長がお聞きします。それらの情報から、「行動療法」のその人の「行動」をきちんと分析する技術(行動分析)と「行動」を変容させる技術(暴露反応妨害法、不安に対する対処行動の獲得、認知の修正などの技法の組み合わせ)で、その人の「困っていること」を「困らなくする」、より現実的な問題の解決をめざした治療法がうおずみクリニックでの「認知行動療法」です。